予備校として四谷学院を選ぶ理由と必要な費用

私大は3教科が基本的な入試科目の構成になっています

一方で、私大は3教科が基本的な入試科目の構成になっていますので、各大学の独自試験の対策のみをしておけば良いでしょう。
四谷学院では、国公立大や私大の各入試に対応出来るようにコース設定を行っており、受験生は自分が志望する大学の受験科目のスタイルに応じてコースを選べます。
四谷学院に通う際の費用は、現役生と浪人生のそれぞれのコースによって異なります。
現役生の場合、週1コマを選んだとしますと年間の授業料と諸経費を合計した費用の総額は大体年間17万円ほどになります。
一方で、浪人生の場合は、一日中予備校で授業を受けたり、自習をしたりする事になりますので、現役生よりも諸経費は高くなっています。
年間の授業料と諸経費の総額は年間85万円ほどであり、テキスト代は授業料に含まれていますので、大体これぐらいの費用が掛かると考えておけば良いでしょう。
コースによって入学金などに違いがありますので、国公立大・私大・理系文系の各コースの選び方でも総額が変わってきますので注意しなければいけません。
大手予備校と比較しますと、ほぼ同じぐらいの授業料に設定されていますが、四谷学院では55段階の個別指導学習を行いますので、より理解力をアップさせる仕組みが整っているのが利点です。
単純に比較する事が出来ませんが、生徒の性格や実力に応じて予備校を選ぶ事が大切になってきます。
四谷学院のような個別指導を行って実力を高めてくれるタイプの予備校は時代と共に増加してきており、選択肢はますます増えてきています。
入試までの間に、基礎力と応用力の充実を図っていかなければいけません。
大学の入試問題は大学毎に癖があり、出題傾向を踏まえて対策を行っておく事で、より有利に点数を重ねていく事が出来ます。

どれだけ短期間で実力を伸ばす事が出来るかが鍵になります私大は3教科が基本的な入試科目の構成になっています英語を攻略出来れば、合格に近づく事が出来る