疲れ目の時に、目の周りを冷やすか温めるかで迷う方も多いかもしれません。 結論からいうと、基本的には温めるようにしてください。 目に疲れを感じる時というのは、目の筋肉が凝り固まっている状態です。 そのため、その筋肉のコリを解消するために温めるという方法が有効なのです。 特に、ドライアイに悩まされている方は、目の周りを温めるようにしましょう。 目の周りを温めるためには、蒸しタオルなどをのせるのが効果的です。 ただ、あまりにも温度が高いと火傷する危険があるので、気をつけてください。 また、目が充血したり、熱っぽい場合は、冷やした方が効果的だといわれています。 このように、目の症状によって、冷やした方がいいのか、温めた方がいいのかは異なるので、自分の症状に合わせてお試しください。 最近では、疲れ目を手軽にケアするための便利なグッズなどもたくさん売られていますから、そういった商品を利用するのもいいですね。 毎日、きちんと目のケアをすることによって、疲れ目を和らげることができます。 疲れ目をそのまま放置してしまうと、肩こりなどを引き起こすことも多いので、早めに改善するようにしましょう。